圧迫感のないクローズ外構(熊本市北区)


Data 詳細

外構 受賞作品 

■施工場所/完成年
熊本市北区/2018年完成

■コーディネート
八木豪

■設計
田﨑 亜美

築40年の家を、震災を機に全面建て替え。シャッターゲートとM.グローリアのフレームをつなげ、美しい水平ラインを効かせたダイナミックな外観に。クローズであってもシンプルで圧迫感のないデザインを考え、門塀にはスリットを入れて中の気配が感じられるようにし、アプローチのステップは浮き階段で警戒感を演出しています。門扉の前には、天然石貼りの飾り壁を設置し、門扉を開けたときに玄関が丸見えにならないように配慮。アプローチはここをまわり込むようにつくって、あえて遠回りさせ、両側に植栽をあしらって往き帰りを楽しく歩けるようにしました。ゲートのフレームや門扉に採用した重厚感のある木調が、空間に温かみや落ち着きをもたらしています。既存のRC癖も新しい塀と違和感なくなじませ、全体をバランスよくまとめました。いつまでも飽きのこないファサードに仕上がったと思います。

Award ロゴ

Award 受賞実績

三協アルミ エクステリアデザインコンテスト2018
ファサード部門 【 シルバーデザイン賞 】

お客様のリクエスト


既存の塀は残しながら違和感なく、そして、圧迫感の無い外構にしてもらいたい。
「シャッターゲートをつけてクローズにしたい。細かいところはお任せしたい。