株式会社タケウチでは、「人生を豊かに」という経営理念のもと、ガーデン・エクステリアから始まる新たな価値を創造し、持続可能な開発⽬標で社会に貢献していきます。

 

 

SDGs

Sustainable Development Goals


SDGs=持続可能な開発目標

2015年9月の国連サミットで採択された国連加盟193か国が2030年までの15年間で達成するために掲げた目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され「地球上の誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

SDGsは規則や規制ではなく、自主的な取り組みを促すための目標です。正解があるわけではなく、取り組み方も様々。誰でも参加できる仕組みです。

   

 

 タケウチの取り組み

 

お客様や地域社会への貢献


  • 個人邸や施設への緑化推進により、自然に近い環境づくりに貢献
  • 近隣清掃などの環境整備活動の実施
  • 地域の防災拠点を担うため避難行動や事前防災対策を整備
  • 安全パトロールを実施し、すべての施工現場において事故を起こさないよう指導
  • ユニバーサルデザインを意識し、利用者の安全性や利便性を考慮した空間設計
  • 自社展示場に天然木材(杉材・ウリン材)を積極的に採用

 

地球環境に配慮した取り組み


  • インドアグリーンの積極的提案
  • 電力やガソリン代等のエネルギー使用量を把握、削減への取り組み実施
  • 雨水の貯水、水資源の保全活動を実施
  • 資源再利用を意識した業務(間伐材を利用した商品開発、コンポストを利用した落ち葉の腐葉土化等)
  • 緑の創出と保全活動(植栽の積極的採用、壁面や屋上の緑化)
  • 環境汚染につながるものを使用しない業務を推進
  • 社内の日用品・消耗品をサスティナブル製品へ切り替え
  • 有害物質を排出しないバイオエタノールを使った商品導入

 

成長しながら安定して持続できる事業開発


  • 事業承継への取り組み
  • 法令遵守の徹底(経営計画書への明記や教育カリキュラムへの導入)
  • 不正競争行為に関与しない方針の共有、社員教育の徹底
  • 経営理念や経営目標の共有(経営陣主導の読み合わせ、管理職への教育徹底)
  • 知的財産保護の取り組み(提案図面へ知的財産の保護を明記し、他社への流出転用、また他社の知的財産使用を禁じる施策・社員教育を実施)
  • 協力業者、代理店、メーカーとの定期的な会合実施
  • 外部パートナーとの情報共有における社会の変化に対応した事業計画
  • テレワークを展開する事業ビジネスの構築

 

多様性のある従業員がいきいき働ける職場環境づくり


  • 男女平等な採用基準の制定
  • 雇用条件および職場環境における差別のない体制づくり(年功序列の排除、個人の能力に重きを置いた人事)
  • 積極的な外国人採用および人事配置の実施
  • ワークライフバランスの推進、ES活動および適切な労働環境づくりの推進
  • 働き方改革を意識した業務効率化
  • 「新人育成マニュアル」や「キャリアマップ」の作成による社員の適切な能力開発および資格取得支援制度の実施
  • 有給休暇の推進及びリフレッシュ休暇制度の導入により、会社経費での非日常体験を推進
  • リモート会議の実施および在宅ワークの推進
  • インターンや中学生職場体験の受け入れ
  • ワークショップの開催により楽しみながら学べる場を提供