はじめての屋久島

熊本店 Blog 
2020.03.28

こんにちは!設計課の梁です。

先週、リフレッシュ休暇をいただきまして、

熊本から出発して、霧島、屋久島、宮崎日南まで行きました。

  

マイカーでいったので、鹿児島発のフェリーに乗って、

片道4時間をかかりました。

12時半ぐらいにやっと宮之浦港に着きました!

  

  

ゆっくり屋久島の森を体験するため、

初日ジブリ映画「もののけ姫」の舞台となった白谷雲水峡のコースを選びました。

  

  

13時から入って、幻想的な苔むす森を通って、

屋久島を一望できる太鼓岩まで登りました。

19時半に戻ってきて、10㎞ぐらい歩きました。

  

  

次の日、今回の本番コース――

樹齢約2700年とも7000年とも言われる、

屋久島に自生する最大級の屋久杉「縄文杉」を見られる、

世界遺産に登録されている地域に行きました。

  

マイカー規制がありますので、

荒川登山口からバスに乗り換えなければいけません。

一般的に日帰りで、歩行時間は約10~11時間要るので、

18時の最終バスに間に合うように、

朝6時ぐらいに登り始めました。

  

荒川登山口(ここまではバス30分)

  

朝方のトロッコ道

  

手摺がない橋

  

  

約3時間かけて、大株歩道入口休憩所に着きました。

前半ほぼ平らなトロッコ道だから、

体力のない人もここまで楽しめると思います。(約11㎞)

  

山道に入る前、葉弁当で体力補充中・・・ 

  

ここから道は厳しくなるので、

体調を整えてチャレンジを始めましょう。

  

本当に道がない森の中を進んでいきます。

  

約30分後、

中に入って見上げるとハート型になっている空洞があることで有名な

ウィルソン株に到着でした。(推定樹齢3000年)

その後、名前も姿も堂々とした迫力の「大王杉」を通り過ぎて、

「夫婦杉」「くぐり杉」と見ながら登り、

ついに屋久島の象徴とも言われる「縄文杉」に着きました。

  

しかしここにはちょっとした縄文杉を眺めるステージがあるだけでしたが、

効率よく屋久島を満喫できる二つのメインコースをクリアしました!!!

  

一日で約30㎞歩くコースになりますので、

トレッキングを楽しむためにかなりの体力が必要だと感じました。

体力がつけば余裕をもって歩くことができ、心の余裕もできますよ!

  

ですので、

「一日に30分以上歩く」

→(ガーデンギャラリー展示場一周まわるは約15分)

「階段を登ったり降りたりを繰り返す」

→(ショールーム2階・スカイデッキまで行くのは階段を登る必要がある)

  

これを1ヶ月以上やればかなり登山に必要な筋肉がつくし、

免疫力と抵抗力も高められますので、

是非展示場に散策に来てくださいね!