そのコーヒーの名前は

熊本店 Blog 
2020.03.15

突然ですが、「ボストーク湖」ってご存じですか?

 

南極大陸の地下深~~くに存在する湖の名前です。

では地下深くとはどれくらい地下なのかというと、地上から約3600m。

 

( ̄・ω・ ̄) ?

 

1989年にロシアの研究チームが南極の氷を下へ下へ掘削し始めて、
なんと23年後の2012年にやっと湖面にたどり着いたとか……

世界中の科学者たちが研究している未知の湖。

ネットにもいろんな記事が出ていました。
そこには未知の生物がいるかもしれない、云々。
人類最古の超古代文明が眠っている、云々。

 

( ̄・ω・ ̄) ????

 

規模が大きすぎてピンとこないですが、
とにかく南極には50万年~100万年にわたって、
分厚い分厚い氷の下に封印されているミステリアスな湖があるらしいのです。

 

前置きが長くなりましたが、そんな壮大なロマンとサイエンスの話をしたかったわけではなく、ただ休日にカフェに行ったよー!という話を聞いてください。

先日、北九州の小倉のお洒落なカフェに行った時の写真です。


右側のロックグラスで出されたコーヒーの名前が、「ボストーク」でした。

ボストーク湖の流氷をイメージして作られたものだそうです。

あえて常温に近いミルクを使用することで、エスプレッソと混ざり合うのを楽しみながら飲んでほしい、という思いで二層に仕上げられたコーヒーとのこと。

コンセプトどおり、じわ~っと混ざり合うミルクとエスプレッソがとてもきれいでした。

上のは、写真を取るタイミングが遅くて
もう混ざり合い済みの状態です。(台無し)

なんにせよ、そういうストーリーのあるものっていいですよね。
まんまと惹かれてオーダーしてしまいます。

 

レアチーズケーキやアフォガードもお洒落で美味しかったです。

端正で静かで、時間がゆっくり流れるような素敵なカフェでした。
帰省のタイミングでまた寄ってみようと思います。

 

 

本社には、本日も学生さんが会社説明会にお越しくださいました。

大事な就職活動の時期に、新型コロナウイルスに伴う自粛ムードが重なり、
不自由な思いをされていることと思います。

学生さんの貴重な機会がふいになってしまわないよう、
当社では換気等の対策をとった上で、できる限り小規模で開催できたらと思っています。

 

説明会詳細はこちら。⇒【採用情報】2021年卒対象 会社説明会開催のお知らせ
ご興味をお持ちの方はぜひお越しください。

 

お読みいただきありがとうございました。

黒木でした。