自然との関わり方

熊本店 Blog 
2019.12.15

工務課 二見です。

弊社展示場にてご覧になられたことがある方もいらっしゃると思いますが

場内には天然木を用いた素敵な案内板がたくさんあります。

展示場の案内板

唐突ですが、我々の仕事には『木・樹木』と深いつながりがあります。

樹木を植えたり、ウッドデッキをお庭に提案したり、お客様のお庭に欠かせないものの

ひとつと言っても過言ではありません。

そんなことを思っていましたところ、先日、とある現場の敷地内にて樹木の伐採を行っている方たちに会いました。

「森林伐採というと、どちらかというとマイナスのイメージにとられがち」

とおっしゃってましたが

本当は伐採の目的には

・建築や家具に使用する木材を生産するため

・薪炭の原料として使用するため

・農地や施設を作るため

など、改めて調べてみると、様々な目的や重要な役割があるのだなと気付きました。

『緑が豊か』というのは先ほどとは違いいいイメージに捉えられるでしょうが

土地に対して木の密度が高すぎると、かえって自然環境に悪影響を及ぼすこと

があったりするのも事実です。

それを考えると、林業を生業とされている方たちの役割というのは

我々の生活に非常に大きな関わりがあるのだなと考えさせれました。

それぞれが自然と関わり、生活と関わり、素敵な暮らしに繋がっていくような

そんな仕事でありたい、と思います。では。