プールのある暮らし

仕事から帰る。ひと泳ぎして気分転換。光にゆれる水面に癒されながら、グラスを傾ける。プールサイドの夕べは大人の至福の時間だ。休日の朝、デッキテラスで香り立つモーニング珈琲で目を覚ます。子どもたちは朝から元気いっぱい。プールに夢中。昼近く。仲間たちが美味しそうな食材を抱えて集まってきた。ちょうど子どもたちもお腹が空きはじめた頃。「お腹が空いた!」。これがいつも、プールサイドパーティーのスタートを告げる合図だ。みんなの明るい笑い声がプールサイドを包む…。私たちガーデンギャラリータケウチが提案する『プールガーデン』で、家族と、仲間と、ペットと……。プールのある素敵な暮らしを実現してみませんか?
デジョユにて国際特許を取得したフィルタレーションは、プールと一体型になっているため、無駄な機械室や配管が不要。そのため、限られたスペースに設置可能な上、工事費・維持管理コストも低減できます。プールの水を壁面から直接ろ過する方式のため、配管の劣化による水漏れのリスクがありません。フィルタレーションの維持管理も簡単で基本的には内蔵されたフィルターバッグを定期的に清掃するのみとなります。革新的な特許により、今までのプールの「値段が高い」「維持費が高い」「管理が大変」という問題が解決されました。時にはシンプルなものが最も信頼性がある事があります。優れた性能で機能的なデジョユプールは、世界的に革命的なパイオニアとして評価を受けています。シンプルさ、耐久性、効率性、でありながら自然に調和するプールを実現。私たちガーデンギャラリータケウチが提案する『プールガーデン』で、家族と、仲間と、ペットと……。
プールのある素敵な暮らしを実現してみませんか?

デザイン自由自在。屋外・屋内でも実現

丈夫で自由度の高い躰体の技術。 ポリプロピレン製の枠組みの中に鉄筋を入れ、コンクリートを流し込んで作られる頑丈な躯体は、強度と耐腐食性にすぐれ、霜にも、地震にも強い構造物になります。さらに、立地やお好みに合せて形状が選べる自由度の高さも、この3素材の組み合わせがもたらしてくれました。

メンテナンスが簡単で維持コストも抑えられる。

プール内側を覆う強化PVCシート。強化PVCシートは、水漏れの防止、強度アップのほか、手触りのよさをもたらしてくれます。 設計図に従って工場加工されますが、現場でのサイズ変更や設計修正にも工期延長なしに対応できます。 このシートの開発で、古いプールのリフォームがとても簡便になりました。

シンプルな構造、パイプ不要な濾過装置。

パイプフリー・フィルタレイション・システムは、長年に亘って開発・改良を重ねた自信作。プール内の水を循環ろ過する方式ですが、半永久的に水質保持できるため、”蒸発分を足すだけ”と好評です。 従来型プールに多かった”取水パイプとの接続部に生じる亀裂”もありません。

リーズナブルで強い構造を短期間で施工。

技術力で画期的な短工期を実現。2003年にアルジェリアで発生したマグニチュード7.2の地震においても、周囲のタイルにひび割れが生じただけでプール本体への影響は全くありませんでした。手ごろな価格、工期の早さ、設計の自由度、従来工法の弱点、格安なメンテナンスコスト等数多くの利点をデジョユ・プールの技術が支えています。

[1]プールの位置決め
プールの位置や高さの確認を行ないます。

[2]プール部材の搬入
プール専用の部材を大型トラックで運び、積み下ろして検品を行ないます。

[3]掘 削
重機を用いて、プール設置場所の土を掘ります。

[4]プールの床面の造作
砕石を敷きつめ、転圧をかけて締め固めます。ブロックでプールサイズに合わせて土台位置を決めます。
床面部分の配筋を行います。

[5]パネル組み立て
純正型枠材のパネルを組み立てます。ろ過器やステップも同時に組み立てます。

[6]配 筋
純正型枠材パネルの中に鉄筋を入れます。

[7]コンクリート打設
純正型枠材と床面部分にコンクリートを流し込みます。

[8]埋戻し
純正型枠材の周囲に土を入れて締固めを行ないます。

[9]笠石設置
プールの縁に笠石を設置します。

[10]床面清掃
プールの床面のゴミを取り除きます。

[11]PVCシート張り
プール内側にPVCシートをひろげ、笠石下に固定します。

[12]貯 水
広げたPVCシートの中に水を入れて水圧をかけます。

[13]コントローラー設置
コントローラーとろ過器ポンプ・水中照明の配線を繋ぎます。

[14]ポンプ稼動
フィルタレーション(ろ過器)のポンプを稼動します。

[15]「プールのある暮らし」完成!
ぜひ、プールのある暮らしを楽しんでください。
資料請求
福岡TEL
熊本TEL