照明器具の取り替え目安

照明器具の取り替えの目安

8~10年経ったあかりは、点検・お取り替えを。

これらの症状があれば、省エネ性もアップする、新しいあかりへのお取り替えをご検討ください。

照明器具は、8~10年が取り替え時期の目安です

一般に照明器具の寿命は10年(40,000時間点灯)と言われ、寿命が近づくにしたがって外観だけでは判断できない器具の劣化がすすんでいます。しかし、案外そのことが見過ごされているのが現状です。そのため寿命末期には、安定器の加熱などによって、思わぬトラブルがごくまれに発生する場合があります。10年以上経過した照明器具は、万一の経年劣化によるトラブルを考慮して、お早目の点検や取り替えをお勧めします。
■照明器具の寿命
・JISによる目安
JISでは標準条件で使用した場合、安定器の平均寿命は8~10年としています。


電気用品安全法<旧電気用品取締法>では、絶縁物の確認を40,000時間使用とすれば、約10年間となります。

異常にお気づきの時は…

下記のような異常が発生した場合は、そのまま使用すると、
商品の破損などによりケガをする原因となります。

こんな異常があったら…

消耗品について

消耗品

●電球●電池●キャスター●ローラー●戸車●オートクローザー●ガスダンパー●オイルダンパー●電装部品●バッテリー
●屋根材●パネル●キャップ●ジャバラ● 連結棒固定バンド●接地ストッパーなどの樹脂、ゴム部品・ワイヤー、スプリングなどの駆動部品

使用中に異常音などの損耗現象が発生した場合は、部品交換が必要です。そのまま使用すると、商品破損などによりケガをする原因となります。

資料請求
福岡TEL
熊本TEL