エクステリア製品のメンテナンスと取り扱い方

アルミ製品

結論を言えば、お手入れのポイントは年に数回の水洗いです。ほとんどそれだけで、アルミの美しい光沢はいつまでも保てます。アルミはスチールなどと比べて、錆にも強く、維持費のかからない素材です。ただ、表面に付着した汚れを長期間放置しておくと腐食の原因になることがあります。

腐食の最大の原因は、大気中にあります。

大気中の汚れは①ほこり②すす(ばい煙)③鉄などの金属粉④亜硫酸ガスなどの排気ガス⑤海塩などがあります。これらがアルミの表面に付着し、そのまま放置しておくと空気中の湿気や雨水の影響を受けてアルミを腐食させてしまうことがあるのです。

年に1~2回の水洗いで腐食は防げます。

アルミ腐食から守る最も効果的な方法は、定期的な水洗いです。年に1~2回、水洗いとから拭きをするだけで大きな効果をもたらします。海岸の近くや工業地帯などでは、状況に応じて回数を増やしてください。

清掃回数の目安

海岸地帯 :1~4回/年 工業地帯 :1~3回/年 市街地 :0.5~2回/年 田園地帯 :0.5~1回/年

アルミ商品のお手入れのご注意

●お手入れには布やスポンジの柔らかいものを用い、金属性ブラシや金ベラのご使用は避けてください。●小石、砂などが付着したままこするとアルミ表面に傷が付きます。あらかじめ取り除いてください。

アルミ商品のお手入れのご注意

●ビス類がしっかり締め付けられているか確認してください。●モルタルがアルミ部分に付着した場合は、必ずかたまる前に拭きとってください。●寒冷地では柱用の穴に柱を立ててからモルタルを入れてください。モルタルを入れてから柱を立てると柱の内部に水がたまり、凍結破損の原因になることがあります。

汚れの程度と清掃方法

ステンレス製品

ステンレスは、耐食性に優れた金属ですが、絶対に錆びない金属ではありません。使用条件や使用環境によっては汚れることも錆びることもあります。特に、海岸地帯や工業地帯などの環境が厳しい場所への設置は、錆や汚濁のおそれがありますので、機種選択においては十分ご検討ください。ステンレス本来の美観を維持するには日頃からのお手入れが必要です。

錆びることもあります。

鉄やアルミニウムより耐食性が優れており錆びにくい素材です。ステンレスが錆びにくいのは、含有されているクロムが空気中の酸素と結合して表面に酸化皮膜が形成され、この皮膜が錆を防ぐ働きをするからです。したがって、この酸化皮膜が破壊され、その皮膜の再生に必要な空気中の酸素が遮断された状態で放置されると、その部分が錆びることがあります。錆の原因は①建設工事や車両の走行の際に飛散する土・ホコリ・鉄粉などによるもの②自動車の排気ガス中に含まれる亜硫酸ガスなどによるもの③海岸地帯の潮風に含まれる塩分によるものなどがあげられます。

定期的なお手入れが大切です。

これらの錆は、初期の段階であれば比較的簡単に除去でき、きれいな表面状態に戻ります。また普段より、水洗いあるいは中性洗剤で洗浄後水洗いし、柔らかい布で乾拭きするだけで本来の光沢は保てます。定期的なお手入れを心がけてください。

清掃回数の目安

一般的には、3~4回/年程度の清掃で十分美観などの維持ができます。しかし、①海岸地帯②工業地帯③火山灰や農薬、融雪剤散布の影響を受けることのある地域では、清掃を早朝に行なったり、頻度を増やしてください。雨水がかかりにくい部分は、同様に頻度を増やしてください。また、台風通過後も早めに清掃を行なうようにしてください。

ステンレス商品のお手入れのご注意

●いずれの場合も、必ず十分に水拭きをして、薬品が残らないようにしてください。放置しておくと、錆の原因になります。●あらかじめ部分的に”ためし拭き”をして、汚れや錆の落ち具合を確認してください。●スポンジ、ブラシなどをご使用になる場合は、必ずステンレスの研磨目にそって平行に均一に力を入れてください。●目のあらいクレンザー、紙やすり、スチールウールなどのご使用は避けてください。

樹脂製品

樹脂は、スチールなどの金属のように錆びる心配がなく、管理の手間が少ない素材です。しかし、表面に付着した汚れを長期間そのままにしておくと、変色などの腐食の原因になることがあります。定期的なお手入れにより、樹脂商品をいつまでも美しく保つことができます。

汚れの程度と清掃方法

対象商品 汚れの状況 用具および洗剤 清掃方法
ステンレス商品 汚れが軽い場合 やわらかい布またはスポンジと水 やわらかい布かスポンジで水拭きした後、
から拭きしてください。
汚れがひどい場合 やわらかい布と中性洗剤 中性洗剤をうすめた液で汚れを落とし、
洗剤が残らないように水洗いしてください。
その後、から拭きしてください。

樹脂商品のお手入れのご注意

●お手入れには、布スポンジなどの柔らかいものを使用してください。●金属ブラシ、金ベラ、スチールウール、目の粗い紙やすりなどは使用しないでください。●小石、砂などが付着したまま表面をこすると、傷がつきます。あらかじめ取り除いてください。●アルコール、ベンジン、アセトンなどの有機溶剤や石油類などは使用しないでください。腐食、変形や割れの原因となります。

 

アクリル樹脂板・ポリカーボネート板・波板

アクリル樹脂板・ポリカーボネート板・波板の美しさを保つ効果的な方法は、定期的な水洗いです。年に数回、うすめた中性洗剤と併用した水洗いを行うだけで、大きな効果が得られます。

アクリル樹脂板・ポリカーボネート板・波板のお手入れのご注意

●鳥のフンなどを取り除く際には、パネルに傷が付かないようにご注意ください。●洗剤を使用した場合は、洗剤が残らないように十分洗い流してください。●シンナー・ベンジン・ガラスクリーナーなどの溶剤、研磨剤、熱湯、乾いた布を使用しますと傷・破損・変形のおそれがありますので、使用しないでください。●古くなったパネルは、早めに交換してください。強風・衝撃で破損しやすくなります。

 

人工木材製品

本体の清掃

1. 表面に付着したシミや汚れは、頑固な汚れになる前に取り除いてください。
2. 汚れが軽い場合は、水またはお湯で濡らした布で拭き、シミがひどい場合は中性洗剤を薄めた液で汚れを落とし、洗剤が残らないように よく水洗いをして拭き取ってください。
3. 水洗いには、布スポンジなどの柔らかいものをご使用ください。金属製のブラシやスチールウールなどは使用しないでください。
4. デッキ表面をデッキブラシなどで洗浄する際は、材料の長尺方向に沿ってこすってください。
5. ブラシなどで洗浄する際は汚れの落ち方を見ながら、過度に強くこすらないようにしてください。
6. 強酸、強アルカリ、シンナーやベンジンなど有機溶剤、石油類は、変色することがありますので使用しないでください。
7. 2,3の方法で取れない頑固な汚れの場合は漂白剤を用いて取り除いてください。その際、漂白剤の取り扱いには十分ご注意ください。
8. 次亜塩素酸系漂白剤を所定の割合に薄めてご使用ください。
9. 漂白剤を使用する前に製品を水洗いし、製品表面を濡らした状態にしてください。
10.スポンジやブラシを用いて材料の長尺方向に沿って軽くこすりながら汚れを落としてください。
11.最後に表面に漂白剤が残らないようにしっかり水で洗い流し、流し終わったら製品表面に水が残らないように拭きとってください。

キズの補修

●デッキの表面にこすりキズがついた場合は、研磨紙で補修してください。60番のサンドペーパー(研磨紙)を使って、長尺方向に沿ってこすってください。●研磨の際は、局部的に強くこすらず、全体をぼかすように数回こするときれいに補修できます。●デッキなどの平らな広い面を補修する場合は、研磨補助器具(研磨紙を取り付ける道具)をご使用いただくと楽に補修できます。●サンドペーパーや研磨補助器具は市販のものをお買い求めください。

商品のご使用について

安全にご使用いただくために、日頃から異常などないか点検してください。また、エクステリア商品を美しく保つために、定期的なお手入れをしてください。お手入れ方法はこちらをご参照ください。

資料請求
福岡TEL
熊本TEL