コンクリート製品の取り扱い

コンクリートブロックは、他の資材に比べて、非常に耐久性に優れた建設資材であります。そのため、通常メンテナンスは必要ありません。しかし、近年のブロックは意匠性を重視したものが多く、コンクリート製品特有の白華現象などが起こり、意匠性が損なわれることがあります。ですが、正しいメンテナンスや予防策により、ある程度の予防や除去が可能です。

白華(エフロレッセンス)は、
製品の異常や欠陥ではありません。

コンクリート製のファニチャーやエクステリア、積み材や敷き材を施工したのち、しばしばその表面に白い綿状の物質が沈着します。これは白華(エフロレッセンス)という現象で、コンクリート製品には必ず起こりうるものです。白い綿状の物質の正体は、コンクリートやモルタル中のアルカリ成分やカルシウム成分(いわゆるアク)が、表面に染み出して結晶したもの。決して製品の欠陥や異常ではありません。また、製品の強度に問題はなく、環境に悪影響を及ぼすものではありませんのでご安心ください。現在のところ、残念ながら、この白華の確実な防止方法はないと言われています。ご理解いただたうえ、予防処理および除去処理を実施いただきますようお願いします。

白華(エフロレッセンス)とは

コンクリート製のブロックやペイブメントに雨水や散水などの成分が染み込むと、その水にモルタルやコンクリート中の可溶性のアルカリ・カルシウム成分(アク)が溶け出します。この溶液が、ブロックやペイブメント内部のすき間を通って表面に染み出し、乾くとアルカリ・カルシウム成分が白い綿状の結晶となって残ります。これが白華です。

白華が発生しやすい条件は

白華は、ブロックやペイブメントの内部で水分が移動しやすいほど、容易に発生します。つまり、それ自体に空隙の多い軽量の骨材を使用したコンクリートなど、水を含みやすい製品ほど発生しやすいのです。また白華は、ブロックやペイブメントの表面部で、集中的に蒸発が起こるときに発生します。ですから、夏場など気温が高い時期は、ブロックの温度も高くなって内部で蒸発が起こるため、白華はわずかしか発生しません。一般的には、①冬季(気温の低い状態)で、雨や雪、霜などによって湿度の高い場合や、②梅雨どきなや秋の長雨シーズンなど、雨が多く湿度の高い状態が続くときなどによく発生します。

白華予防には、浸透性吸水防止剤をお使いください。

【使用方法】
●晴れた日を選んで作業します。(但し、ブロック施工後夏季3日間・冬季7日以降)●表面の汚れ・ホコリがひどい時、水打ちしながらデッキブラシで洗い流します。(乾燥時期、夏季1日以上・冬季3日以上)●表面の乾燥を確認後、浸透性吸水防止剤原液をエアスプレー(噴霧器)で吐出圧を可能な限り絞り、吹付面に近づけて使用します。●たっぷり塗布し、塗り終えるまで、約30分の間隔をおいて2~3回の重ね塗りをしましょう●1回目 左右のV字で塗布します。●2回目 上下のV字で塗布します。●3回目 1回目と同様に塗布します。●乾燥は、1時間以上の自然乾燥をし、水がかからないよう注意してください。

白華が起こった場合の処理

発生してしまった白華には、白華除去剤が効果を発揮します。 また、次のような方法でも除去処理ができます。いずれも白華を除去した後には、浸透性吸水防止剤を塗布してください

薄い白華が出ている場合

●ナイロンブラシ及びワイヤーブラシで軽くおさえ2~3回こすり白華を落とします。●白華が残っている場合、希釈酸洗いをします。●乾燥後、白華防止の為浸透性吸水防止剤を塗布します。

目地部分に白華がでている場合

●マイナスドライバーでかき落とします。残った部分は、希釈酸洗いを行ない、その後充分に水で洗い流します。
●乾燥後、白華防止の為浸透性吸水防止剤を塗布します。

平らな部分で白華のとれにくい場合

●打ち水をします。(ブロックに充分水を吸収させてください。)
●皮すきで白華をそぎ落し、残った部分は前もって水洗いをして希釈酸洗いを行ない、その後充分に水で洗い流します。
●乾燥後、白華防止の為浸透性吸水防止剤を塗布します。

資料請求
福岡TEL
熊本TEL