ガーデンギャラリータケウチ 福岡ブログ

2018-04-05

 

こんにちは、天神店の馬場です。

 

4月に入って、いちだんと暖かい天候が続くようになりましたね~

桜の木もだいぶ葉っぱが目立つようになってきて、

あっという間に見ごろの時期が終わってしまったなぁと思いながら

毎朝出勤時に公園の桜の木を眺めています。

 

 

もうお花見は諦めていたんですが、

昨日、お休みだったのでちらりと川端付近の桜を見に行きました。

 

 

 

 

曇り空だったこともあり、あまりきれいな写真は撮れませんでしたが、

それでも、この日も橋の周りには観光客や地元の人がカメラを片手に

家族や友人と桜を眺めていて、とてもいい雰囲気でした!

 

手前のチューリップが、良い具合に華やかさを足してくれていますよね~。

 

このチューリップ、「福博花しるべ」というイベントの一環で

地元の小学生や地域団体の方々によって植えられたらしいです*^^*

 

 

 

博多駅から天神までの約2kmの道が、チューリップで華やかに彩られ、

その数、なんと 10万本!!

 

いつもの道を、ちょっと楽しく散策できるイベントなので、

是非皆さんも散策にいかれてみてください♪

 

 

もうひとつおすすめなのが、イムズで開催されている

「森のヒミツ CONPANY展」 です。

 

 

この展示は、フィンランド人のヨハン・オリンさんと、韓国人のアーム・ソンさんによる

フィンランドを拠点に活躍するデザインユニット「CONPANY」と、

福岡・八女地方のコマや提灯、織物、佐賀の郷土玩具などの職人たちがコラボをして開催されました。

 

≪森と街の間にある暮らし≫ がテーマとなっており、

展示されているものは身近に自然を感じることのできるような

温かみのあるものばかり。。。♪

 

 

 

 

特に気に入った作品は、こちら。

 

 

他の動物や可愛らしいお人形と比べるとすこしぱっとしないかもしれないんですが、

近代的な印象がありながらも柔らかくて、温かみがあって、

色もカタチもとても好きな作品でした♪

 

写真OK! 期間中は何度でも再入場OK!というとても良心的な展示で、

お子様も楽しめるような作品ばかりなので、是非一訪れてみてください♪

 

≪森と街の間にある暮らし≫  というコンセプト、

ガーデン・エクステリアにも置き換えられる考え方だなぁと思いました。

 

暖かくなってきた今の時期だからこそ、

お庭・外構のリフォームをして外で過ごす時間を増やしませんか?

 

お庭のご相談、お待ちしております♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←「」前の記事へ  次の記事へ「」→
資料請求
福岡TEL
熊本TEL