ガーデンギャラリータケウチ 福岡ブログ

2019-02-21

皆さんこんにちは。西村です。

 

先日、我が出身地宮崎県に帰省しましたので

今回廻った場所のご紹介をしようと思います。

 

 

こちらは鵜戸神宮(うどじんぐう)で、宮崎県日南市にある神社です。

 

海蝕洞(かいしょくどう)と呼ばれる、

波浪による侵食で海食崖に形成された洞窟内に本殿が鎮座し、

参拝するには崖にそって作られた石段を降りる必要があり、神社としては珍しい「下り宮」のかたちとなっているそうです。

 

 

 

 

 

お次は、『青島神社』

 

 

宮崎県宮崎市青島にある神社です。

青島は全島が熱帯・亜熱帯植物の群生地として、国の特別天然記念物に指定されているそうです。

島の周囲は、『鬼の洗濯岩』と呼ばれる波状の岩にとりかこまれています。

 

 

 

 

こちらは天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)。

宮崎県西臼杵郡高千穂町にある神社です。

 

 

「天岩戸」と呼ばれる岩窟(跡)をご神体とし、

洞窟内には積み上げられた石がそこらじゅうに敷きつめられており、不思議な空間でした。

 

 

なんでも、「願いを込めて小石を積むと願いが叶う」として

戦後に参拝客たちの間で自然発生的に生まれた風習であると考えられているそうです。

 

 

 

 

今回は神社をめぐりましたが、どの神社も自然によって作られた地形にそっとたたずんでいる印象でした。

自然が生み出すものの美しさを、デザインにも取り入れていけたらいいなと思います。

 

 

ご興味のある方は是非生で見に行っていただければ!

 

 

最後に

 

ちょうど満月の日に行ったので、

こんなロマンチックな写真も撮れました。

 

←「」前の記事へ  次の記事へ「」→
資料請求
福岡TEL
熊本TEL