ガーデンギャラリータケウチ 福岡ブログ

2018-08-06

こんにちは、ガーデンギャラリー天神の三津家です。

暑いですね。。。ほんっと最近暑いです。沖縄より本土のほうが暑いとか?

現場監督として日中は外が多く日焼けして肌の色がウォルナット色みたいになってきました。

 

 

先日、完成現場の夜景の撮影に行ってきました。この時期は空の色もきれいで良い写真が撮れます。まず、こちらは昨冬に完成したエクステリア&ガーデンリフォームの現場です。

 

エクステリアの照明は、門灯・表札灯・アプローチ灯など器具の形状や用途で呼称が変わります。ここで使用したのはLED100Vタイプの植栽灯スポットライトです。

灯具の色はついついサッシの色やエクステリアのアルミ色に統一しがちですが、私は濃茶か黒を使用します。花壇の中に潜ませることにより昼間でも光源が見えにくい照明計画になっています。

 

ライトは照射する対象物があると光が巡ります。樹木や壁面があると反射する光がきれいですね。撮影前に土間などを濡らすと光が反射し巡り美しい夜景の写真が撮れます。水に浮かんでいるような幻想的な写真になることもあります。

 

さてこちらはガーデンテラスの照明です。ここでも植栽灯を使用し樹木とウッドフェンスを照らしています。庭はあんまり明るすぎない方が好きですがこれもケースバイケースですね。何のための照明かということです。食事や読書となるともっと明るめの照明が上から欲しいですね。でも。角をぼやっと照らすのは空間を広く感じることができますし光が遠い方がリラックスできます。(個人的に・・)

 

こちらのお洒落な家具は昨秋から取り扱い始めた「アスプルンド」のガーデンファニチャーで「スターバックスコーヒー」のどの店舗にも数脚は置いてある定番の飽きないデザインのテーブルセットです。おすすめですよ。

 

そしてこちらも昨冬に完成したエクステリアリフォームの現場です。

ここでは壁付の門灯(ブラケットライト)と植栽灯を使用しています。門灯は昼間はデザインの一部として見ますからこういった洋風の照明器具は輸入物がお勧めです。

こう階段が多いと照明が欲しくなりますよね。レンガや石など質感のあるものを照らすと効果が高いです。

エクステリアやガーデンに明かりのある生活、如何でしょうか?LEDやローボルトを使用すれば電気代もほとんどかからず経済的にご使用いただけますよ。

 

週末は是非ガーデンギャラリータケウチへ。お庭のご相談をお待ちしております。

それでは、また。

←「」前の記事へ  次の記事へ「」→
資料請求
福岡TEL
熊本TEL