美しい水平ラインで空間に調和を

間口がとても広く、さらに道路から玄関ポーチまでの高低差が3メートルほどあるスケールの大きなご新築の、外構工事のご依頼をいただきました。
 
建物の足元にエクステリアで重厚感を持たせるという意識で、立面に重きを置きプランニングしました。
 
光沢のあるブラックの門扉が全体の荘厳さを引き立てます。
門柱にアクセントでデザインしたボーダーラインは、そのまま塀にも伸びたように関連付けてデザイン。
板塀や土間の草目地のライン、その頭上のアルミ材など数々のアイテムで水平のラインを強調し、広い空間ながらも調和のとれた外構が完成しました。
 
■担当コーディネーター:中嶋 洋文(ガーデンギャラリー天神)
資料請求
福岡TEL
熊本TEL